Archive for the ‘台北エリア’ Category

中国人が多い故宮博物院^^;

台湾旅行の目玉、といったら故宮博物院でしょう。
でも、この観光はものすごく疲れますね。なにしろ広すぎますから…それに中国人観光客が大勢いて騒いでるしモラルが無いから列に割り込んでくるし…

ここは高級住宅地内のすごく広い敷地に、ドーンと立っていますから、宮廷のようです。最も、本場中国の故宮博物院は、紫禁城を使用していますから、完全に宮廷なのですが、名前が同じと言うのも紛らわしいです。この本場の故宮博物院よりも精選された美術品が満載、というのですから、中国にとっては面白くないでしょう。

その数60万以上と言うのですから、蒋介石の当時の力の程が偲ばれます。3ヶ月に1度の入れ替えでも、ずべて見るには200年かかるとのこと、観光ツアーの3時間ではほんのちょっとのものだけの鑑賞になります。日本に来たときも見たのですが、「翠玉白菜」が素晴らしいです。全くの白菜の形を翡翠で彫り出したもので、大きさこそ掌サイズで本物ですが、何回見ても飽きないのです。白い部分は真っ白で、葉の緑色がぼかしたように1/3ほど翠色に変わっていて、しかも葉先は濃い翠で、キリギリスとバッタがとまっています。

この翡翠の素材を見たとき、作者はすぐに白菜をイメージしたのでしょうか。私の関心は、この彫刻が「ジェダイド」なのかどうか、ということです。中国の「玉」は「軟玉」と呼ばれる「ネフライド系の翡翠」で「ジェダイド・硬玉・宝石の翡翠」ではないからです。「ジェダイド」だとしたら、ものすごい価値のもので、見るだけで幸せを感じられますね。

霞海城隍廟(イベイシャーハイチェンホァンミャオ)

霞海城隍廟は台湾で縁結びの神様の月下老人がいるそうで、多くの人が参拝しにくるそうです。日本人ですが、そのご利益にあやかろうと行ってきました。

そこに向かうまでに、朝早くにもかかわらずおいしそうな台湾名物の「豆花」というスイーツのお店があいていたので寄り道をしました。一切言葉は通じないので、なんとかショーウィンドウの方から指をさして注文をしました。豆花にブラックタピオカ、愛玉という植物の実からつくられたらしい愛玉ゼリーをトッピングしました。とてもあっさりしていておいしかったです。そこからカラスミや漢方などの専門店が並ぶ油化街を抜け、おめあての霞海城隍廟に到着です。

観光客がひっきりなしに来るのでしょう、ここで働いている人の応対はなれたものです。お金を払って、長いお線香とお守りなど必要なものを受け取ります。流れ作業のように、スタッフの身振りどうりにお参りしていきます。月下老人は思っていたより小柄で、しっかりお願いしました。お参りが終わると、外にある釜のようなところに行き、貰ったお守りを振って中に銀色のコインのようなものを入れられました。この作業はすべてスタッフにされました(笑)自分でしなくても大丈夫なのかしら・・・と不安になりましたが。このお守りは財布などに入れておくように言われました。

これはガイドブックから知りましたが、願いがかなったらお礼参りに行かないとダメだそうで、恋人とお礼参りに来る人が多いそうです。

ゲーム・アニメの光華商場

台湾オススメスポットはいっぱいありますが、漫画やゲーム、アニメ好きの方にオススメなのが地下鉄忠孝新生駅から歩いて5分ぐらいの、八徳路電気街、光華商場です。

これは駅から5分ぐらいの場所にある地上1F、地下1Fの商業ビルなのですが、「台湾の秋葉原」の異名を持つ場所で、PCパーツや周辺機器は勿論、CDやDVD、漫画やゲームといった、いわゆるオタク向きといわれるものが色々と揃っています。

商業ビルで、ひろーいフロアに色々揃っているというのではなく、どちらかというと秋葉原のラジオ会館的に、色んな専門店が軒を連ねているという感じの方式なので、見ていても店員が寄ってきてあれこれ勧めたりというのもなく、ゆったりとフロアを見学できます。

もともとこの場所は、古書店街であったため本屋も充実しており、日本の漫画の台湾語版などが多く揃えられているので、面白いネタ的みやげとしては喜ばれるのではないでしょうか。

2008年7月19日に新ビルとしてオープンするまでは、あやしい海賊版と呼ばれる商品も多かったのですが、現在は正規品の方が多く、コミックなどは日本での販売価格とほぼ変りません。ただ、安売りになっているDVDなどは正規版で掘り出し物がみつかることなどもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

◆台湾では上記のようにIT関連の産業が非常に栄えています。日本から仕事で台湾にくるビジネスマンも多いのです。台湾での仕事に関して興味が有る方は(http://taiwan-job.net/)こちらのサイトもご覧ください。

やっぱり故宮博物院

故宮博物院が有名な場所だとは、台湾旅行を計画するまで全然知りませんでした。美術館や博物館に興味がないけれど、ツアーの一部に組み込まれているので、しょうがないので見に行きました。

博物院の建物は新しく、敷地もとても広くいくつも建物があります。すべてのものを見るのには時間がかかるそうで、ツアーでは主な作品を見てもらうとのことでした。
まず、添乗員さんと一緒に回るにもかかわらず、ロビーで日本語で解説してくれるイヤホンを渡されました。(ぶっちゃけ使いませんでしたが)

初めに、この博物院で一番有名な「翠玉白菜」を見に行きました。翡翠を白菜型に彫刻し、その白菜の上には、コオロギ?キリギリス?が載っている作品で、とても美しくすいこまれるようで見とれました。この作品はお姫さんが嫁入りする時に持参したそうですが、なぜに白菜だったのかは解説してくれていたのを聞き逃したのかどうか定かではありませんが分かりません。白菜の上に彫刻された虫は「多産」を意味しているとのことでした。

有名なだけあって、この白菜の周りにはいつも人だかりでしたが、私は他の作品で象牙を丸く切り取り、繊細で優雅な彫刻をしている作品が一番好きです。美術品に興味のない私ですが、旅行会社から「入場提供券」を一枚もらっていたし、もう一度ゆっくり見たくなって、別の日にタクシーをとばして見に行きました。それほど、すばらしい作品ばっかりでした。

台湾料理に舌鼓・台南担仔麺

日本でも今では結構知名度もアップしてきた台南担仔麺。台湾行くなら、是非その本場の味を食べておきたいですね。

台北市内の市場の中を歩くこと数分、いろいろなお店が連なってる間を抜け、たどり着きます。日本のイメージと違い、意外と派手っぽい店つくり。食器とかグラスとかも、なんだか洋風?感じで、
ちょっと心配になるが、 ちゃんとありました担仔麺。

本場で食べるとやっぱり、最高です。もちろん、他のメニューもいろいろあり、ふかひれやら、なまこやらいろいろありました。

市場内には他に食べるところがいっぱいあるので、ちょこちょこつまみ食いをして、最後に担仔麺で仕上げるっていうのが私のお薦め。ちなみに、市場内では、かえるの丸揚げや、豚の内臓系など、
結構色々と、市場ならではのおつまみに出会えます。ところどころで、かごに入った亀とか、鶏とか見かけるのですが、けっして、ペットとして売ってるのではありません。

それと、時々街中で、ものすごい轟音にびっくりすることがそれは、お米を使って、米菓子を作って売ってるんです。初めてのときは テロでも起こったのかと思って、近くの店に飛び込んでしまった私でした。ごく普通の道端で見かけるので、その時はびっくりしないように。

台湾といえばココ!故宮博物院

世界4大博物館のひとつとして数えられる故宮博物院は、台北市北部の士林市内にあります。この博物院には中国の美術品・工芸品の最高傑作が60万点以上所蔵されています。3ヶ月に1度、展示内容の部分的な入れ替わりがありますが一人の人間がこれらの展示品を全て観るには、200年以上かかると言われています。

館内には、中国特有の文化を色濃く示す、国宝級の青磁の壷や翡翠の細工、絵画などがたくさん並びます。

また、西洋からの影響を受けたと思われる陶磁器などが展示されているブースもあり、歴史的価値という観点からも興味深い美術品も並んでいます。

これらひとつひとつを丁寧に鑑賞していると、丸々一日はかかってしまうぐらいに見ごたえのある美術館です。

博物院には高級中華料理のレストランやカフェが併設されているので、途中、食事を楽しみながら、丸一日、じっくりと美術鑑賞にひたるのもお薦めです。

また、ミュージアムショップには、故宮博物院に展示されている美術品のレプリカやデザインをモチーフにしたステイショナリー、様々な美術に関する書籍なとが販売されています。また、各国の近代的なアートグッズなども多数取り揃えられていて、お土産の購入にもお薦めです。

士林夜市(シーリンイエシー)

台湾の夜を楽しむなら、夜市に出かけることがお薦めです。

中でも、MRT劍潭駅の西側に位置する士林夜市では、台北の中で最も大きな規模の夜市が開かれて、毎晩、地元の若者や観光客でにぎわっています。

夜市で売られているものは、ヘアアクセサリー、ブレスレットなど、女性用のチープなファッション雑貨、洋服、インテリア小物、お土産品などです。他にも台湾ならではのグルメが楽しめる飲食店やマッサージを受けられるお店、ゲーム屋台などが多数、軒を連ねています。

買物をする時の楽しみは、値切ることです。この夜市で売られている商品についた値札は、もともと客が値切り交渉をすることを想定して価格設定されています。ですので、店員さんを捕まえて遠慮なくどんどん値引き交渉を楽しみましょう。

日本人はよく中国人に間違えられて、店員さんから、中国語で話しかけられることが多いようです。こちらからコミュニケーションをとる際の言語は、英語が良いですが、お店によっては日本語が流暢な店員さんがいることもあります。

人が多いですが、治安の面では比較的安全と言えると思います。

ただし、座って飲食できるお店の中には、地元っ子ばかりが集まっているお店があります。そういうお店は、だいたいの雰囲気で分かります。免疫のない日本人が口にすると、まれにお腹を壊したりするような食べものを振舞っている場合があるので、そういった店を避けて、観光客も飲食できるようなお店を選ぶことが大切です。

台北観光

台湾へは格安航空券で行った。台北桃園空港までのフライトは4時間ほどでした。台湾に行くきっかけは東南アジアに旅行に行った際にストップオーバーしたことがきっかけだった。観光は台北だけだったが、非常に有意義な時間を過ごせ、世界観が広がったと思います。

台北では台湾中央駅近辺の安宿に宿泊した。この近くは、若者が多いエリアで、安い食堂などもあり、便利でした。滞在したのは三日間だけということもあり、主な観光地ぐらいにしか、周れませんでした。まず、周ったのは台湾中正堂でした、建物は壮大で中には孫文記念館などがあり、孫文という人物について詳しく知ることができました。それから台北109というタワーに行きました、この建物は現代の台北のシンボルで台北が一望できるカフェなどがあり、素晴らしい見晴らしでした。それと何と言っても故宮博物館は台北観光にとっては外せないものだと思います。

歴代の中国の王朝の遺物などがあり、一見の価値はあると思います。観光ばかりでは疲れるので、台湾の有名なマッサージ店に行ったり、夜は街中にある夜市で海南料理を食べたり、林森北路(リンシンペイルー)という繁華街で、女性と片言の中国語で、おしゃべりをしたりしました。