ゲーム・アニメの光華商場

台湾オススメスポットはいっぱいありますが、漫画やゲーム、アニメ好きの方にオススメなのが地下鉄忠孝新生駅から歩いて5分ぐらいの、八徳路電気街、光華商場です。

これは駅から5分ぐらいの場所にある地上1F、地下1Fの商業ビルなのですが、「台湾の秋葉原」の異名を持つ場所で、PCパーツや周辺機器は勿論、CDやDVD、漫画やゲームといった、いわゆるオタク向きといわれるものが色々と揃っています。

商業ビルで、ひろーいフロアに色々揃っているというのではなく、どちらかというと秋葉原のラジオ会館的に、色んな専門店が軒を連ねているという感じの方式なので、見ていても店員が寄ってきてあれこれ勧めたりというのもなく、ゆったりとフロアを見学できます。

もともとこの場所は、古書店街であったため本屋も充実しており、日本の漫画の台湾語版などが多く揃えられているので、面白いネタ的みやげとしては喜ばれるのではないでしょうか。

2008年7月19日に新ビルとしてオープンするまでは、あやしい海賊版と呼ばれる商品も多かったのですが、現在は正規品の方が多く、コミックなどは日本での販売価格とほぼ変りません。ただ、安売りになっているDVDなどは正規版で掘り出し物がみつかることなどもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

◆台湾では上記のようにIT関連の産業が非常に栄えています。日本から仕事で台湾にくるビジネスマンも多いのです。台湾での仕事に関して興味が有る方は(http://taiwan-job.net/)こちらのサイトもご覧ください。

Comments are closed.