中国人が多い故宮博物院^^;

台湾旅行の目玉、といったら故宮博物院でしょう。
でも、この観光はものすごく疲れますね。なにしろ広すぎますから…それに中国人観光客が大勢いて騒いでるしモラルが無いから列に割り込んでくるし…

ここは高級住宅地内のすごく広い敷地に、ドーンと立っていますから、宮廷のようです。最も、本場中国の故宮博物院は、紫禁城を使用していますから、完全に宮廷なのですが、名前が同じと言うのも紛らわしいです。この本場の故宮博物院よりも精選された美術品が満載、というのですから、中国にとっては面白くないでしょう。

その数60万以上と言うのですから、蒋介石の当時の力の程が偲ばれます。3ヶ月に1度の入れ替えでも、ずべて見るには200年かかるとのこと、観光ツアーの3時間ではほんのちょっとのものだけの鑑賞になります。日本に来たときも見たのですが、「翠玉白菜」が素晴らしいです。全くの白菜の形を翡翠で彫り出したもので、大きさこそ掌サイズで本物ですが、何回見ても飽きないのです。白い部分は真っ白で、葉の緑色がぼかしたように1/3ほど翠色に変わっていて、しかも葉先は濃い翠で、キリギリスとバッタがとまっています。

この翡翠の素材を見たとき、作者はすぐに白菜をイメージしたのでしょうか。私の関心は、この彫刻が「ジェダイド」なのかどうか、ということです。中国の「玉」は「軟玉」と呼ばれる「ネフライド系の翡翠」で「ジェダイド・硬玉・宝石の翡翠」ではないからです。「ジェダイド」だとしたら、ものすごい価値のもので、見るだけで幸せを感じられますね。

九フンで食を楽しむ

バス観光での5日間で、台湾を半周しました。私は義姉2人と3人旅。2人は食事ごとに「ビール」があれば大満足ですが、私は食に関心があり、色々な食をものすごく楽しみました。全食美味しかったです。

九フンでは、甘味が楽しみだったのですが、団体行動ですから、上の入り口からお目当ての店を通り越して、下の出口近くまで連れて行かれました。

ここで解散、自由散策と言われたのですが、趣のある山にへばりついたような町は気にはなっても「目当ての味」を求めて、姉たちとは別れ、階段を登って入り口までダッシュしました。そして、甘味をゲットしたのですが、今ネットで調べてみても、その甘味が出ていない。木の実やフルーツが沢山入った軟らかい豆腐状の甘い汁のもので、その当時は観光案内にも載っていたのに、もう廃れてしまったのかな。

ともかく、大急ぎで作ってもらい、時間を気にして食べながら、下の集合場所まで戻りました。姉たちは喫茶店にも入らずに、その場所で待っていましたから、少しずつ食べてもらいましたが私ほどには感激しなかったようです。

それより、その場所近くの民家の猫に興味を惹かれたらしく、遊んだりしていましたね。ツアーなのでしかたがありませんが、この次行くときは家族で、行きたい所だけ行く台湾旅行がしたいです。最初にあげるとしたら九フンでしょう。半日、一日掛けてのんびりと楽しみたい所です。

淡水

こんにちは。みなさんは、台湾に旅行に行ったことはありますか。私は、台湾が大好きで、よく訪れているのですが、ここでは皆さんに台湾のおすすめスポットと、その周辺で食べられる、おすすめグルメなどをご紹介したいと思います。

まず、私が台湾に初めて行く人におすすめするのは、やはり台北です。台北は近代的な都市で、安心して街を歩くことができるので、初めての人でも楽しく旅行を楽しむことができると思います。また、小籠包などの日本人に人気のグルメもとってもお得なお値段で食べることもできるのでそちらもお勧めです。

台北の近くに私の一番のおすすめスポットがあります。淡水というところなのですが、そこで有名なのは誰もが見とれるような美しい夕日です。淡水は、港なのですが、実はお昼を過ぎたあたりから、漁師さんなどが出てきたりして活気が出ます。またその周辺では、港でとれた新鮮な魚介料理をはじめ、様々な台湾料理の屋台を楽しむことができます。基本的に中国料理がお好きな方であれば、台湾料理もきっと気に入るはずです。

また、淡水には日本でいうレインボーブリッジのような美しい橋(恋人橋)があり、カップルなどがたくさん訪れています。ぜひみなさんも台湾に行って楽しい旅を楽しんでください。

霞海城隍廟(イベイシャーハイチェンホァンミャオ)

霞海城隍廟は台湾で縁結びの神様の月下老人がいるそうで、多くの人が参拝しにくるそうです。日本人ですが、そのご利益にあやかろうと行ってきました。

そこに向かうまでに、朝早くにもかかわらずおいしそうな台湾名物の「豆花」というスイーツのお店があいていたので寄り道をしました。一切言葉は通じないので、なんとかショーウィンドウの方から指をさして注文をしました。豆花にブラックタピオカ、愛玉という植物の実からつくられたらしい愛玉ゼリーをトッピングしました。とてもあっさりしていておいしかったです。そこからカラスミや漢方などの専門店が並ぶ油化街を抜け、おめあての霞海城隍廟に到着です。

観光客がひっきりなしに来るのでしょう、ここで働いている人の応対はなれたものです。お金を払って、長いお線香とお守りなど必要なものを受け取ります。流れ作業のように、スタッフの身振りどうりにお参りしていきます。月下老人は思っていたより小柄で、しっかりお願いしました。お参りが終わると、外にある釜のようなところに行き、貰ったお守りを振って中に銀色のコインのようなものを入れられました。この作業はすべてスタッフにされました(笑)自分でしなくても大丈夫なのかしら・・・と不安になりましたが。このお守りは財布などに入れておくように言われました。

これはガイドブックから知りましたが、願いがかなったらお礼参りに行かないとダメだそうで、恋人とお礼参りに来る人が多いそうです。

釈迦頭というお釈迦様の頭のような

台湾旅行は、なにしろ5年くらい前に行ったので、記憶が古い。

私は食関係の仕事をしていましたから、食には興味があり、どこの国に行ってもまずは食事が気になります。まあ、ただ単に「食いしんぼう」なだけなのですが…。

台湾には安い半周ツアーで、義姉2人と行きました。観光用の食事処ばかりでしたが、味は安心して食べられる満点のものばかりでした。そして、バスで巡った数々の観光名所よりも、果物が気になっていました。寺などでは、みやげ物と一緒に果物も置いて売っています。

目に付いたのが、「釈迦頭」で、これは今ネットで見ながら書いています。ブツブツした丸い突起が全体を覆っていて、緑色でとても不思議な果物。熟さないとこの粒ははがれないそうですが、熟したものを売っていたようで、ホテルに着いてから食後に食べました。よく覚えていませんが、独特の香りのある甘酸っぱい味がしたようで、全部は食べられなかったと記憶しています。

その代わり「レンブ」というピーマン型のりんごみたいな果物は、中が白く柔らかい食感で食べやすかったと思います。義姉たちは、見慣れない果物にしり込みしていましたが、売っているのだから大丈夫でしょうと私は平気でした。ま、売る方も『物好きな』という目で見ていましたけど…。

ゲーム・アニメの光華商場

台湾オススメスポットはいっぱいありますが、漫画やゲーム、アニメ好きの方にオススメなのが地下鉄忠孝新生駅から歩いて5分ぐらいの、八徳路電気街、光華商場です。

これは駅から5分ぐらいの場所にある地上1F、地下1Fの商業ビルなのですが、「台湾の秋葉原」の異名を持つ場所で、PCパーツや周辺機器は勿論、CDやDVD、漫画やゲームといった、いわゆるオタク向きといわれるものが色々と揃っています。

商業ビルで、ひろーいフロアに色々揃っているというのではなく、どちらかというと秋葉原のラジオ会館的に、色んな専門店が軒を連ねているという感じの方式なので、見ていても店員が寄ってきてあれこれ勧めたりというのもなく、ゆったりとフロアを見学できます。

もともとこの場所は、古書店街であったため本屋も充実しており、日本の漫画の台湾語版などが多く揃えられているので、面白いネタ的みやげとしては喜ばれるのではないでしょうか。

2008年7月19日に新ビルとしてオープンするまでは、あやしい海賊版と呼ばれる商品も多かったのですが、現在は正規品の方が多く、コミックなどは日本での販売価格とほぼ変りません。ただ、安売りになっているDVDなどは正規版で掘り出し物がみつかることなどもあるので、探してみてはいかがでしょうか。

◆台湾では上記のようにIT関連の産業が非常に栄えています。日本から仕事で台湾にくるビジネスマンも多いのです。台湾での仕事に関して興味が有る方は(http://taiwan-job.net/)こちらのサイトもご覧ください。

やっぱり故宮博物院

故宮博物院が有名な場所だとは、台湾旅行を計画するまで全然知りませんでした。美術館や博物館に興味がないけれど、ツアーの一部に組み込まれているので、しょうがないので見に行きました。

博物院の建物は新しく、敷地もとても広くいくつも建物があります。すべてのものを見るのには時間がかかるそうで、ツアーでは主な作品を見てもらうとのことでした。
まず、添乗員さんと一緒に回るにもかかわらず、ロビーで日本語で解説してくれるイヤホンを渡されました。(ぶっちゃけ使いませんでしたが)

初めに、この博物院で一番有名な「翠玉白菜」を見に行きました。翡翠を白菜型に彫刻し、その白菜の上には、コオロギ?キリギリス?が載っている作品で、とても美しくすいこまれるようで見とれました。この作品はお姫さんが嫁入りする時に持参したそうですが、なぜに白菜だったのかは解説してくれていたのを聞き逃したのかどうか定かではありませんが分かりません。白菜の上に彫刻された虫は「多産」を意味しているとのことでした。

有名なだけあって、この白菜の周りにはいつも人だかりでしたが、私は他の作品で象牙を丸く切り取り、繊細で優雅な彫刻をしている作品が一番好きです。美術品に興味のない私ですが、旅行会社から「入場提供券」を一枚もらっていたし、もう一度ゆっくり見たくなって、別の日にタクシーをとばして見に行きました。それほど、すばらしい作品ばっかりでした。

台湾料理に舌鼓・台南担仔麺

日本でも今では結構知名度もアップしてきた台南担仔麺。台湾行くなら、是非その本場の味を食べておきたいですね。

台北市内の市場の中を歩くこと数分、いろいろなお店が連なってる間を抜け、たどり着きます。日本のイメージと違い、意外と派手っぽい店つくり。食器とかグラスとかも、なんだか洋風?感じで、
ちょっと心配になるが、 ちゃんとありました担仔麺。

本場で食べるとやっぱり、最高です。もちろん、他のメニューもいろいろあり、ふかひれやら、なまこやらいろいろありました。

市場内には他に食べるところがいっぱいあるので、ちょこちょこつまみ食いをして、最後に担仔麺で仕上げるっていうのが私のお薦め。ちなみに、市場内では、かえるの丸揚げや、豚の内臓系など、
結構色々と、市場ならではのおつまみに出会えます。ところどころで、かごに入った亀とか、鶏とか見かけるのですが、けっして、ペットとして売ってるのではありません。

それと、時々街中で、ものすごい轟音にびっくりすることがそれは、お米を使って、米菓子を作って売ってるんです。初めてのときは テロでも起こったのかと思って、近くの店に飛び込んでしまった私でした。ごく普通の道端で見かけるので、その時はびっくりしないように。

郷愁漂うキュウフン

キュウフンは有名な観光地と言うだけあって、人がひっきりなしにきます。宮崎駿監督の「千と千尋の神隠し」のモデルとなったと言われている観光地で、映画をみたことがある人は、キュウフンに降り立った瞬間に感動します。

赤ちょうちんがつるされている風景がとても風情があって、映画の世界に浸ることができます。ただ、道がいりくんでいるので、調子にのって、あっちの道こっちの道と考えなく歩き回ると必ず迷子になって、元の場所には戻れません。なので、必ず来た道を覚えておいて戻るようにしてください。

またキュウフンにきたら、お茶を飲める場所がいくつかあるので、時間があればお店に入ってみてください。キュウフンは山の上にあるので、お店のオープンテラスから見下ろすキュウフンの街、晴れている時の青い空、そよぐ風はとても気持ちがよく、穏やかな気分にさせてくれ、贅沢な時間を過ごせます。

時間がない人は、キュウフンの名物らしい「芋圓」というものが食べ歩きできるそうです。私は、キュウフンを後にしてから、名物だったというのを知ったので食べていません。

そして、お昼のキュウフンもいいですが夜のキュウフンも格別です。キュウフンの街がライトアップされ、お昼よりもノスタルジックな風景に圧倒されます。観光客が多いので、人がいないような写真を撮るのが難しいのが残念です。

台湾といえばココ!故宮博物院

世界4大博物館のひとつとして数えられる故宮博物院は、台北市北部の士林市内にあります。この博物院には中国の美術品・工芸品の最高傑作が60万点以上所蔵されています。3ヶ月に1度、展示内容の部分的な入れ替わりがありますが一人の人間がこれらの展示品を全て観るには、200年以上かかると言われています。

館内には、中国特有の文化を色濃く示す、国宝級の青磁の壷や翡翠の細工、絵画などがたくさん並びます。

また、西洋からの影響を受けたと思われる陶磁器などが展示されているブースもあり、歴史的価値という観点からも興味深い美術品も並んでいます。

これらひとつひとつを丁寧に鑑賞していると、丸々一日はかかってしまうぐらいに見ごたえのある美術館です。

博物院には高級中華料理のレストランやカフェが併設されているので、途中、食事を楽しみながら、丸一日、じっくりと美術鑑賞にひたるのもお薦めです。

また、ミュージアムショップには、故宮博物院に展示されている美術品のレプリカやデザインをモチーフにしたステイショナリー、様々な美術に関する書籍なとが販売されています。また、各国の近代的なアートグッズなども多数取り揃えられていて、お土産の購入にもお薦めです。